兵庫県 Y様邸

縦に空間を活かした平屋の住まい

ヤマダホームズ外観

「平屋は寄棟になることが多いようですが、ちょっと違うイメージにしたくて」という奥様の希望から、建物の幅を活かした大屋根に。外壁もシックな色合いでまとめて、さらなる落ち着きと安定感を醸し出しています。ご主人も庭側の道から歩いて帰ってきたときに「すごくカッコよかった!」と喜んでいただいています。

外 観
モダン
内 観
モダン
階 層
平屋
“こだわり”条件
家族が自然と集まる/子どもの成長に合わせて変化する/趣味・収納のスペース/開放的な空間づくり/いつも家族の顔がみえる

建築地: 兵庫県

延床面積: 128.35㎡(38.82坪)

「私たちもいつかは上下階の移動がつらくなるはず。幸い土地の広さに余裕があるので平屋にしたい」と、平屋の住まいにされてY様。平屋のほかに、ご主人がこだわったのが、「子どものプライバシーを尊重した間取りにすること」。「リビングと個室を分けながら、面白い工夫もいっぱい。『これだ!』と思いました」と奥様。ロフトに和室をつくるなど、夫が好きな「普通に見えてちょっと面白い」提案や、共働きの2人の日々を暮らしやすくする工夫を盛り込み、完成させたのがこの住まいです。今は4人で、「毎日とても暮らしやすく、子どもが走り回ってもストレスを感じずに済むのが嬉しいです」と賑やかに楽しく暮らしています。

ヤマダホームズ リビング

こだわり01

リビングには、大屋根の天井高を活かして大きな吹抜け。リビングの奥には、天井高150cmの収納スペースと、その上にロフトをつくり、平屋でありながら、縦の空間も楽しめるようになっています。ロフトは、「くつろげる畳の部屋が欲しい」とのご主人の希望で6畳の和室になっています。リビングに面しているが、床の高さが違うことで距離感が生まれ、落ち着いた空間になっている。

ヤマダホームズ ホビールーム

こだわり02

リビングにつながる、天井高150cmの収納スペース。子どもが小さい間は、親の目が届きやすい遊び場として使えます。ごちゃごちゃして見えるおもちゃ類も、ここならリビングから目につかずすっきり。「キッチンに立っていると遊んでいる姿は見えませんが、音や気配が伝わるから大丈夫」と奥様。子どもが成長した後は、「ブラインドをつけて収納スペースにしてもいいし、どう使うか楽しみ」と、夢が広がります。

ヤマダホームズ 書斎

こだわり03

リビングの吹抜けの上部にロフトからは、リビングダイニングが一望できます。
畳を敷いて、カウンターを備え付け、夫の書斎兼客間として使用、扉を付けず、間仕切り壁を低くし、リビングの空間とつなげることで開放感を演出しています。

ヤマダホームズ スタディコーナー

こだわり04

キッチン横の通路部分につくったスタディースペース。リビングから離れた場所に子ども部屋をつくったので、「リビングにも勉強できる場所をつくってあげたい」と用意したもの。子どもがまだ小さいので、今は、写真を飾ったり、奥様が書き物をしたりするスペースとなっています。

理想のくらしがきっと見つかる。注文住宅「実例集」プレゼント!

ページTOPへ