東京都 H様邸

住宅密集地でも明るくのびやかに暮らせる住まい

ヤマダホームズ外観

シンプルながら、単なる箱状のフォルムにならないようにデザインし、周辺環境に調和しつつ、飽きの来ない個性を美しく表現しています。「クルマ2台駐車は必須条件」という要望を、建物形状をL型にすることで解決。駐車スペースを確保しながらも室内空間にゆとりを持たせるために、2階部分をオーバーハングさせています。

外 観
モダン
内 観
モダン
階 層
3階建て
“こだわり”条件
開放的な空間づくり/いつも家族の顔がみえる

建築地: 東京都

延床面積: 91.50㎡(27.67坪)

都心の住宅密集地では敷地が狭く、光やプライバシーの確保が難しいことも多いため、外観から想像する以上にあかるく開放的になるようデザイン。それを可能にしたのが、ワンフロア・ワンルームという考え方。いずれのフロアもメインスペースをできる限り大きく設計し、光沢のあるホワイトを基調としたインテリアとすることで、より広がりを感じる空間としています。窓も目隠ししやすい縦スリット、ワイド感のある横スリットなどを使い分け、明るさとプライバシーを両立。また、玄関には視線が外まで抜ける窓を配置し、動線をあえて複雑にすることで奥行き感も演出しています。3階には主寝室とつながるインナーバルコニーを配して、外部からの視線を気にせず子どもプールなどを楽しめる空間にしました。

ヤマダホームズ キッチン

こだわり01

限られた空間をより広く感じさせるために、LDKには壁を設けずワンルームとしました。さらに明るさ、伸びやかさをもたらすホワイトで統一し、床からの反射光がフロアの隅々まで行き届き、暮らしにやすらぎをもたらしてくれるよう設計。横に長いスリット状の窓からは、いつでも愛車が眺められると同時に、外からの視線も適度に遮り、プライバシーも確保しています。

ヤマダホームズ リビング

こだわり02

1階は廊下を無くすことで空間を最大限活用。玄関からキッチン横を通り抜け、リビング、そして階段へつながる動線にしたことで、子どもたちが直接、子ども部屋に入ることなく、自然と会話が生まれる工夫しました。空間全体がホワイトのキャンバスなので、観葉植物などが差し色となり、よく映えます。

ヤマダホームズ リビング

こだわり03

開放的で、家事をしていても孤立感がないオープンキッチンは、『見せるキッチン』としての工夫も必要となります。見えているだけにどうしても生活感が生まれやすい難点をクリアするために、キッチン背面をすべて収納にし、調理家電なども隠せるようにしています。また、天井いっぱいまでの扉とすることで見切りが美しくなり、空間のデザイン性も高まっています。

ヤマダホームズ 書斎

こだわり04

主寝室は3階に設置。そこに隣接させる形でプライバシーにも配慮した庭代わりのインナーバルコニーを配置しました。これにより、空間がより広く感じることはもちろん、直射日光ではなく、インナーバルコニーを経由したやわらかい光が室内に流れ込むことで、心地よいやすらぎをもたらす効果が生まれています。

理想のくらしがきっと見つかる。注文住宅「実例集」プレゼント!

ページTOPへ